買ったもの、欲しいものについて書いていきます☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のお気に入り料理道具(3) 「柳宗理 ステンレスケトル」と、鍋磨き職人マサンワークスさんのこと

我が家のやかんは、柳宗理のステンレスケトル(つや消し)です。結婚当初から使っていて、もうすぐ丸12年になります。毎日活躍してくれています。


とても使いやすくて、使っていて不便と感じた記憶が一度もありません。同じやかんを友達が買った時に、「前のやかんより早くお湯が沸くよ!」と言っていたのが印象的でした。おそらく底面が広いために熱伝導に優れているのかなと思います。


_DSC5410_300.jpg


キズ、凹み、ヤケ、汚れが12年の月日を物語っていますね。しみじみ。


結婚後の数年は、台所とリビングが分かれた部屋に住んでいて、子ども達も小さくて手がかかったので、やかんを空焚きしても気づかないことがあり、何度も焦がしてしまいました(-_-;) 一生懸命磨いてだいぶマシになりましたが、底の変色や、細かいすきまの焦げはどうしても磨ききれず。目打ちを使ってこそげ落としてみたりもしたけれど、限界がありました。高い熱が加わったせいで底が歪んでいるし、プラスチックのつまみもプクプクと沸騰(!!)した跡があります。


_DSC5413_300.jpg


対面キッチンの家に引越し、コンロがIHになってから、空焚きすることはなくなりました。結婚当初に比べると、台所道具の手入れも上手になったので、今、新しいやかんに変えたら、このやかんよりずっときれいに使えるだろうと思います。


まぁ、完璧主義なんですよねw


”以前は自分の腕が足りなかったけど今は違う!” ”きれいなやかんで生活したい!”という、本当に無駄なプライドと欲があるのですよ。この性格がうつ病なんぞを呼ぶんだろうなと、自己分析もキッチリ織り込み済みですww そして、新しく買い替えたいと思う一方、まだまだ今のやかんも使えるんだよね……。


そんなことを考えながら、柳宗理の製品サポートHPを見てみたら、なんと、つまみだけの別売りがありました! さすが柳宗理! ハンドルも交換できるみたいです。


つまみは、ひねってみたら簡単にとれました。つまみとフタが接する部分が汚れていたので掃除しました。そのうち新しいつまみを買って交換したいなー。


_DSC5414_300.jpg


そしてなんと柳宗理には、磨きのサービスもありました。ただ、実際に磨きに出した方のブログを読んでみたら、金具の隙間の細かい部分までは磨ききれていなかった、とのこと。それなら自分でやっても同じかな……。


そこでさらに調べてみたら、ステンレスの鍋ややかんを磨いてくれる専門の職人さんが見つかりました。


ステンレス鍋磨きのマサンワークス


上記サイトには素晴らしいことが書いてありますよ。少し長いですが抜粋します。(*=中略。改行のみ編集しました)


もしかして、ステンレス鍋は買い替えて当たり前の”消耗品”だと思っていませんか?



30年以上使っていても、どれだけ焦げていても どれだけ汚れていても、あなたがもう既に諦めていたとしても ピカピカに輝かせます。 大切な思い出はもちろん”あの頃”のままで。



多くのお客様がこう仰っています。
「いざ買い替えようと思っても、家族と別れるような寂しさがあってどうしてもできなかった。」
お鍋を買い換えるということは、長年の愛着と思い出も一緒に手放すことになり、大切な家族との別れを意味するようなものなのです。



いつもお客様には「ステンレス製のお鍋は生涯現役で活躍できますから、僕が磨いた鍋はお子さん、いやお孫さんくらいまでは最低でも使ってくださいね~」と豪語しております。



トンテンカン!トンテンカン!! 鍛冶屋の職人さんをイメージしてください。鍛冶屋さんが包丁を作る過程においてより強度を増すために”金属を高温で熱し”素材そのものを硬くしている作業があります。鍋を繰り返し使い続けることが鍛冶屋さんのトンテンカン作業と同じなのです! ということは・・・使えば使うほど、あなたの鍋は強くたくましくパワーアップしているのです。

今お使いの年代モノのお鍋についた焦げ付きや汚れを、あなたはキレイにすることはできないかもしれません。しかし、この焦げ付きや汚れの向こう側には強靭で半永久的に使えるお鍋さまが「私を早くキレイにしてよ~」と今か今かと取っ手を長くして待っているのです。



マサンワークスさんのブログやFBは、読んでいるとワクワク感が止まらない。私のやかんも、私がアホ新米主婦だった時からの戦友なんですよねー。(今はアホはともかく新米は取れたと思う)


マサンワークスさんなら、柳宗理では落としきれない汚れまでキレイにしてもらえるかな? 側面のヤケもピカピカになりそう。


ただ、磨き賃と、マサンワークスまでの往復の送料、そしてつまみの代金と送料を合わせると、同じやかんの新品が間違いなく買えるのがネック。今のやかんは、とりあえずつまみだけ替えて、このまま使い続ける予感がします(笑)


ちょっと話が脱線しましたが、実用性よし、デザインよし、アフターサービスまできちんとある柳宗理のステンレスケトル、とても気に入ってます。おすすめ!





追記:ステンレスの焼け落としには専用のクリーナーがいいらしいので今度試してみようと思います!ヾ(*´∀`*)ノ






関連記事

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
アラフォー主婦。家族は夫と小学生の女児2人。買ったもの、欲しいものについて書きます。

つげ櫛・みねばり櫛の記事は「美容(伝統の櫛)」カテゴリにまとめています

姉妹ブログ「本気の片付け祭り」も更新中。ぜひご覧ください!

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。