買ったもの、欲しいものについて書いていきます☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものあかぎれを短期間できれいに治したよ! 簡単でお金もかからないその方法とは……

もともと軽いアトピー体質の長女(小4)。今年の冬は手のあかぎれがひどく、ひび割れができて血が滲むまでになってしまいました。しかし、ある対策をしたら短期間でとてもきれいに治ったのでシェアしますね! (*´∀`*)


★子供のあかぎれ対策★

1.外出時は手袋をして、冷たい風が当たらないようにする
2.ハンドクリームをつけて、手袋をして寝る
3.極力、せっけんで手を洗わないようにする ←★重要★ 



長女の手はいつ触っても冷たく、血行が悪いようです。それもあかぎれを悪化させている原因だと思ったので、最初は、その防止と油分補充を……と考えて、1と2をやらせてみました。3〜4日続けてみると、多少よくなった感じはしましたが、劇的な効果はなし。


手を温めて、ハンドクリームで油分を補うだけじゃダメなのか? とじっくり考えた結果、「せっけんで手を洗うことで油分を失っているのでは?」と思いつきました。風邪やインフルエンザの流行るこの時期、学校では間違いなく手洗いが励行されています。長女は真面目なので、毎回しっかりせっけんを使って手洗いしているのでは……。


そこで 「できるだけ石鹸を使わないで手を洗いなさい。汚れがひどい時はもちろん使っていいけど、トイレの後とかは水だけでいいからね」 と言ってみました。そして3日くらい経ってみると、ひどかったガサガサはすっかり治まり、ぷるぷる・すべすべの、白魚のような手に……!!


1と2も並行して続けさせています。おそらく、それも良かったのだと思います。長女曰く、手袋をして寝ると暑いらしいですが、冷えるよりその方がいいかなと。あかぎれが治ったら手も前より温かくなってきたようです。


子どもの回復力はもともとすごいけれど、ちゃんと的を射たアドバイスをすると、こんな短期間で、こんなにも状態が良くなるのか!! と、驚いた次第です。\(^o^)/


ハンドクリームは、家にあった「資生堂 エフティ 尿素10%クリーム」を使っています。かなりこってりしていて保湿力が高そうです。手袋は、運動会の時に使ったカラー軍手を活用。









関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
アラフォー主婦。家族は夫と小学生の女児2人。買ったもの、欲しいものについて書きます。

つげ櫛・みねばり櫛の記事は「美容(伝統の櫛)」カテゴリにまとめています

姉妹ブログ「本気の片付け祭り」も更新中。ぜひご覧ください!

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。