買ったもの、欲しいものについて書いていきます☆彡

掃除ギライも治るかも? 便利なコードレス掃除機の決定版! マキタ コードレスクリーナー CL107FDSHW

マキタのコードレスクリーナーが大好きです。

thOCH6DDYI.jpg

業務用として、工事現場や新幹線の車内でも使われているコードレス掃除機です。雑誌『通販生活』でご存知の方も多いかもしれません。コードレスなので取り回しがしやすく、フル充電しても20分くらいで終わるので、思い立った時にサッと使えてとても便利。吸引力も申し分なく、団地に住んでいた数年間、掃除機はこれ一台で済んでいました。子どもたちが小さな頃は食べこぼしが多かったので特にお世話になりました。車の中の掃除にもかかせません。


あまりにお気に入りなので、買った当初は友達におすすめしまくり、宣教師と化してました。
「いつ買ったんだっけ?」と思い、調べたら2009年でした。機種はCL140FD、当時のハイエンド機です。8年間のうちに一度壊れてスイッチが入らなくなりましたが、最寄りのマキタショップに持って行ったらタダで修理してもらえました。アフターサービスもばっちり。


外付けバッテリーは数年で弱くなってしまったので1度買い替えました。5千円くらいでした。


最近、お世話になっている方へのプレゼントのため、8年ぶりにマキタのコードレス掃除機を注文しました。とっても喜んでもらえましたよ。注文する時は、新機種がいっぱい出ていて、どれにしようか悩みました。自分が持っているCL140FDを基準に選んでみましたので、これから買おうとしている方の参考になれば……!


結論から言うと、選んだのはCL107FDSHWです。最上位機種に匹敵する性能でありながら安い! ネットでの評価も高い人気機種です。


たくさんある比較サイトの中で、私は特にこちらのサイトを参考にしました。全機種がわかりやすく一覧表になっているので便利ですよ。
⇒ マキタ 充電式クリーナー徹底比較 工具の専門店KPT


さて、私の選んだポイントは……


1.ゴミ捨て方法を選ぶ⇒紙パック式

・紙パック式
・カプセル式

今回はプレゼントということで、ゴミ捨てが簡単な紙パック式にしました。紙パック式には、使い捨ての紙パックだけでなく、繰り返し使用可能なダストパックも付いてきます。私が購入した2009年当時はダストパックはなかったように思います。

自分が持っているのはカプセル式です(ダストパックさえあれば絶対に紙パック式を買ったはず)。カプセル式は、紙パックを買い足す必要がないのはメリットですが、ゴミ捨ての時は面倒。大きなゴミ袋の中に本体を入れてからカプセルをひねって開けるようにしないと、周囲にゴミが飛び散ってとんでもないことになります。ノズルを着脱する時に、うっかりカプセルをひねって開けてしまい、ゴミが散らかって困ったことも何度かあります。


2.バッテリーのタイプを選ぶ⇒リチウム内蔵バッテリー

・リチウムイオンバッテリー(外付け)
・リチウムイオンバッテリー(内蔵)
・ニカド電池バッテリー(内蔵)

外付けバッテリーの充電時間は最短22分内蔵式だと3〜4時間かかります。これはもう外付け一択ですね!
いざ掃除を始めようと思った時にバッテリーが切れていても、20分程度なら、部屋をちょっと片づけたり、他の掃除をちょこちょこやったりしていればあっという間に充電完了です。


3.スイッチのタイプを選ぶ⇒こだわりなし

・トリガ式
・ワンタッチ式
・スライド式(外付けバッテリー式の機種には搭載されていないため除外)

トリガ式は電源をこまめにON/OFFでき、バッテリを節約できるのがメリット。ワンタッチ式はボタンを押すだけで連続運転でき、機種によって『強・標準』または『強・標準・パワフル』の2〜3段階に切り替えができます。

私はトリガ式を便利に使っています。ワンタッチ式の強弱切り替えも魅力なので、どちらでもいいなと思いましたが、一覧表をよく見てみたら紙パック式の機種にトリガ式はありませんでした。自動的にワンタッチ式に決定。


4.重量と吸い込み仕事率で絞り込む⇒より軽く、よりパワフルに

3まで来ると、5つの機種が残りました。

ここから、自分が持っているCL140FD(1.3kg)を基準に、それより軽いものを見ていきます。というのも、CL140FDは、慣れるまでちょっと重かったんですよね。プレゼントの相手は自分よりも年配の方なので、それより重いものは避けたいところ。
同時に吸い込み仕事率(W)も比較してみます。ワット数が大きく、パワフルなものに越したことはありません。

CL107FDSHWは、パワフルモードでの吸い込み作業率32W。この数字は全機種の中で最高です。
しかも1.1kg軽い!


5.値段をチェックする⇒そりゃ、安い方がいいよね

これが一番大事なところかもしれませんね。今回は予算を多めに取っていたので一番最後になりました。マキタのコードレスクリーナーは、一番安い機種で8000円程度。最上位のCL182FDRFWで¥24400です。
最上位機種とCL107FDSHWを比べてみると……

CL107FDSHW ¥14,898。レビュー評価4.70、口コミ件数237件。吸込仕事率32W。
CL182FDRFW ¥24,400。レビュー評価4.37、口コミ件数135件。吸込仕事率30W。

最上位機種より1万円も安い! 加えて人気も最大吸い込み作業率も上!
お買い得感たっぷりです!


6.おすすめのショップは「マキタショップヤマムラ京都」


買ったショップは8年前も今回も、 「マキタショップヤマムラ京都」。 格安な上、便利なセットがいろいろ揃っていておすすめです。今回は、本体・充電器の他、紙パックとフレキシブルホースがセットになっているものを選びました。ホースは車内の掃除に便利そう!







プレゼントなので、実際に使ってレビューできないのが残念です(笑)




関連記事

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
アラフォー主婦。家族は夫と小学生の女児2人。買ったもの、欲しいものについて書きます。

つげ櫛・みねばり櫛の記事は「美容(伝統の櫛)」カテゴリにまとめています

姉妹ブログ「本気の片付け祭り」も更新中。ぜひご覧ください!

最新記事