買ったもの、欲しいものについて書いていきます☆彡

騒音に死ぬほど苦しんでいるあなたへ。聴覚過敏に効く薬とイヤホン教えます

私は交通量の多い道路のすぐ脇に住んでいます。ここに住み始めた5年前、引越しがきっかけでうつ病を患い始めました。半年で自然に寛解しましたが、2年前に違う理由で重いうつになりました。いずれも車の騒音へのストレスが大きく影響しています。

誰でも、喫茶店やレストランに入った時、レジや出入り口のそばの人通りが多いうるさい場所は避けて、奥まった静かな席を選ぶと思いますが、私は前者の落ち着かない席で24時間365日暮らしている気分です。

うつ病などで心身が弱ると、自分の身を守る(=より刺激が少なく安全な環境を求める)ために神経が過敏になるそうです。私の場合は聴覚過敏の他に、嗅覚過敏(洗濯物の洗剤の匂いがつらく感じる)、触覚過敏(体中がちくちくする)などに悩まされました。

特に症状が重かった時は、文字通り死ぬほど苦しみ、自殺さえ考えました。いつどこにいても聞き耳を立て、聞こえてくる音に苛立ち、もし静かであればそれはそれで「この静けさが家にあれば……」と考えてしまい、ものすごく苦しいのです。音が聞こえても苦しいし、聞こえなくても苦しい、どこにいても苦しい。つまり24時間常に苦しい。ノイローゼです。

すべての騒音が普段の数倍、いや10倍かも……というほど大きく聞こえて、家のどこにも逃げ場がないので地獄でした。そこまで追い詰められていた頃、不快な音は視覚的なイメージさえも伴いました。例えば、大型トラックの地響きは、厚さが1mほどもある、部屋の壁いっぱいのサイズの灰色のコンクリートの塊が迫ってくるように見えました。ぬりかべみたいでした。いやあ、狂ってたなー。

家が安らかに休養できる場所ではないというのは筆舌に尽くしがたい辛さです。程度は軽くなったものの現在もその辛さは続いています。

そんな中でいくつかの防音グッズ、そして薬を試してみました。同じように苦しんでいる方、より静かで快適な環境を求めている方の参考になればと思います。



聴覚過敏の私を救ってくれたもの その1
★ノイズキャンセリングイヤホン Bose QuietComfort 20★


thOCH6DDYI2.jpg

ご存知の通り、ノイズキャンセリングイヤホンは周囲の雑音を電気的に相殺してくれるイヤホンです。これがもうね、神! 神です! 神アイテム!! 

その中でも定評のあるBoseのイヤホンを、あまりに苦しんでいる私を見かねて夫が買ってくれました。初めて渡されたのは車の助手席で。イヤホンをつけてスイッチを入れた瞬間に、車のモーター音が嘘のように減って静寂が広がり、とても驚きました。その状態で音楽を鳴らすと非常にクリアに響いて、雑音はまったく聞こえなくなり、車の中にいることを忘れそうなほど。

室内でつけていると、音楽なしでも、高音域はもちろん、家のすぐ隣を大型トラックが通過する時のイヤーな重低音もほぼ聞こえなくなります。さすがに振動は止められませんが。

イヤホンの耳に当たる部分はシリコン製で付け心地も上々で、付けたまま寝てもストレスなし。

つらい時に使うと楽になるのはもちろん、「これさえあれば大丈夫」という心理的なお守り効果も大きいです。もう手放せません。

ノイズキャンセリングイヤホンは、完全な無音ではなく、「サーッ」というノイズ音がします。夫はイヤホンを買ってからしばらくは自分の出張に持って行き、移動中の飛行機や電車の中で効果を試していたようです。その時、そのノイズ音が気になったそうで、もし私がそれに耐えられなければ本格的に追いつめてしまうことになると心配し(まぁそれがなくても死ぬほど追い詰められていたわけですがww)、イヤホンを買ってから私に試させるまでかなり躊躇したそうです。

確かに、とても静かな場所(たとえばホテルの部屋)ではノイズは気になります。でも家や出先だと騒音がうるさいからノイズは気にならないし、ノイズが気になるほど静かな場所ならそもそもイヤホン自体要らないので、全然問題なし!

もうほんと、騒音や聴覚過敏に苦しんでいて、まだノイズキャンセリングイヤフォンを試していない人は一刻も早くBose製を試してみてください。まさにQuiet & Comfort。高いだけのことはある。






聴覚過敏の私を救ってくれたもの その2
★漢方薬 抑肝散(よくかんさん)★


重いうつ病になって半年ほど、通院するたびに「騒音がつらい」と訴えていたのですが、最初にかかっていた医師は何も対応してくれませんでした。なので、そういうものだと思っていました。素人の悲しさで、聴覚過敏を抑えられる薬があるなんて知らなかったし、騒音に苦しんでいたこと自体がうつ病の一症状だったという認識さえ、当時の自分にあったかどうか怪しいものです。

しかし! 転院先の医師は、私の訴えを聞いて、「抑肝散」という漢方薬を処方してくれました。まさかこんな薬があったなんて!! 転院して本当に良かった。

うつ病になってから、普通とは明らかに異なるレベルのイライラや興奮、希死念慮などを何度も経験しました。それらも原因は聴覚過敏と同じく、神経がたかぶって過敏になることで、抑肝散はそれを鎮静させる働きがあります。劇的に効くという感じではありませんが、イライラしている時、騒音が気になる時に飲むと、いつのまにかそれらの症状が気にならなくなっています。ふんわりやわらかく効く感じ。

私はここ1年半、頓服として抑肝散を飲んでいます。今思うと、症状がひどいうちは毎日常用すればよかったのかも。とにかく常時、気が立っていたので。

ワーワー泣き叫ぶほど興奮している時や、うわあああ死ぬもう死んでやる死ぬ!!みたいな最悪の気分の時でも、3包(一日の摂取上限)を一気飲みすると気分が静まりました。これは、2ちゃんねるで話した(チャット状態w)見知らぬ方が伝授してくれました。希死念慮がひどかった時、病院にSOSの電話をして指示された方法だそうです。

当たり前ですが、この薬や飲み方を試す場合は病院・薬剤師に相談して下さいね〜。
ネットや薬局でも買えますが、私は病院で処方してもらっています。








聴覚過敏の私を救ってくれなかったもの その1
★薬局で買った耳栓★


はっきり言って全然ダメでした。耳の中に耳栓が入っているという状態に違和感がありすぎて落ち着きませんでした。寝ながら耳栓をしても気づかないうちに必ず取ってしまいました。


聴覚過敏の私を救ってくれなかったもの その2
★防音イヤーマフ (PELTOR 105 OPTIME H10A)★






1回目の比較的軽いうつの時、発狂している私を見て、夫が誕生日プレゼントに買ってくれました。

遮音性はかなり高く、自分の心臓の音がうるさく思えるほどです。大型トラックの重低音は、ノイズキャンセリングイヤホンには負けますが、よく耳を澄ませないと気づかない程度には聞こえなくなりました。

その反面、強く頭を締め付けられるので疲れます。サイズも大きくかさばるので、つけたまま横になるとほぼ頭を固定する感じになり、とても窮屈。寝返りも打てず、仰向け以外の姿勢は取れません。

買ってもらってすぐの頃と、騒音による苦痛がどうしようもなくなった時期は使っていましたが、ノイズキャンセリングイヤホンを使い始めてからは一切使っていません。

余談ですが、漫画『アイアムアヒーロー』の主人公・鈴木英雄がしているイヤーマフもぺルターのものがモデルのようです。この漫画、面白いのでおすすめ。正体不明のゾンビが発生してパニックになった世の中で、ヒーローとは程遠い情けない中年男の”英雄”君がサバイバルするお話。特に最初の数巻はめちゃくちゃ読み応えあります。2017年、全22巻で完結しました。大泉洋主演で映画化もされていますが、原作ファンの私から一言言わせてもらえば、そっちは絶対観ないように(笑)。









関連記事

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
アラフォー主婦。家族は夫と小学生の女児2人。買ったもの、欲しいものについて書きます。

つげ櫛・みねばり櫛の記事は「美容(伝統の櫛)」カテゴリにまとめています

姉妹ブログ「本気の片付け祭り」も更新中。ぜひご覧ください!

最新記事